プロフィール

演劇集団土くれ

Author:演劇集団土くれ
1967年,国税の職場の文化祭にて、芝居をつくり参加したことをきっかけに結成されました。その後、劇団というかたちで活動し、40年以上がたちました。

今はいろいろな職場の人たちも加わり、アマチュアながらも年に一回の公演をコンスタンスにこなし、「麻布演劇市」を中心に、職場と地域に根ざした活動を展開しています。

今年、創立50年を迎えます!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

土くれブログカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

衝撃の一言 by石塚さん

木曜は久しぶりの麻布での稽古でした^_^✨

お休みのところには代役を立てながらの本読み…本役さんが読むのがもちろん1番いいのだけれどこれはこれで面白いです。
でも早くキャスト全員の揃ったフツーの生活みてみたいな…と期待が膨らむばかりです😊

石塚さんのダメ出しにもだんだんと気合いが入って本気モードになってきました!
細かく適切なダメ出しをしてくださってました。

そんな本気モードの石塚さんから衝撃の一言が!
「うん、みんないい感じになってきた。そろそろ立ち稽古に入れそうだな。」
え…立ち稽古⁈
まだ、キャスティングあってから3回しか本読みしてないんだけど(・・?)
ちょっとザワザワした稽古終わりでした💦
役者のみなさん頑張って〜私は応援とサポートしか出来ないけれど応援しています(o^^o)


最後に、ホームページにフツーの生活の画像がアップしてありました!
いつもいつも素敵なデザインをしてくださる小沼さん、ありがとうございます✨
チラシも今から楽しみにしています!ワクワク^ - ^💕

気合い充分の石塚演出に引っ張られながら10月まで頑張ります!

村田
スポンサーサイト

3月も終わり

2016.3.31

ご無沙汰しています。3月は稽古日誌を書き忘れてしまいました(^_^;)
で、あっという間に3月も終了。
4月の総会まで、残すところ稽古も2回だけになってしまいました。

昨日は出演者が15人も出る作品を読んでみることに。
男女比も半々、若い役から年配の役まで幅広く、土くれにはちょうどいいなぁと思える作品。軽快な日常会話で楽しく読める本でした。欲を言うなら、もう少し感動もできたらいいなぁ~(*^^*)

3月に入って、これで3本の作品を読んできましたが、今のところ、まだどれも決め手に欠ける状況。
ん~、悩ましい。。。
毎年、この第一関門に悩まされます。

毎年毎年、色々探していて、いい加減探し尽くしてしまってるんですよね。もちろん毎年、ものすごい数の演劇作品が生まれてるわけなんだけど、その台本を手に入れるのも一苦労。読んでみたい台本があって、劇団や作家の事務所に問い合わせたりするんだけど、ほぼいただけません。珍しく演劇関係の図書館にあったとしても持出不可&コピー不可だったり。(~_~;)

著作権を守る目的もあるんだろうけれど、これじゃあ良い演劇作品があっても自分のところで囲っているだけで、世に広まることはなく、もったいないなと思ってしまいます。
プロであればあるほど、色々なしがらみが発生して、良い演劇を広めたいという想いより、利益や権利を守るほうが優先されるんだろうなぁ。
「現場の人間や作家本人は、自分たちが良いと思っている作品が少しでも多くの人の目に触れて欲しいと思ってる」と思いたいけどね。(希望的観測として)

あ~、久しぶりにブログを書いたらグチってしまった。(^_^;)

何はともあれ、皆さんに良い作品を観てもらえるよう頑張ってます!


コヌマ

13年前も観ました!

2日目の昼の回にご来場頂きました皆様。
ありがとうございましたm(_ _)m
お陰様で200席がほぼ満席となりました。

皆さんと一緒に泣いて笑って…
素晴らしい舞台になりました。

そして、またまたたくさんのアンケートを書いて頂き、中には13年前に公演した「紙屋町さくらホテル」を観たという方がおられました。
その時は感動で涙が止まらず、帰り道でも涙がこぼれたそうで、今回の公演を楽しみにしていらしたとのこと。
今回も感動しました!とのことでした。
よかったです〜(^O^)

さあ、夜の回がはじまります。
ドキドキワクワク🎵

小林明日香






さくら隊、2日目も快晴!

秋晴れの今日、公演2日目であります!

昨日東京新聞に掲載して頂いたこともあったのか、昨夜は100名弱のご予約予定でしたが、何と158名のお客様に観て頂くことができました。
アンケートも107名の方が書いて下さいました。
ありがとうございましたm(_ _)m

朝集合し、皆様の声を演出石塚さんがみんなに伝えてくれました。

麻布演劇市が始まってから(25年)ずっと観てくれているという70代女性からは、「演劇市の中で最も大好きな劇団です。この一年入院やショートステイ、デイサービスのお世話になる繰り返しですが通知を頂くとなんとか都合がつく様にして楽しませて頂いています。いつまでも頑張って続けて下さい。お願いします。」ととても丁寧に書かれてありました。
毎年楽しみにしてくれている土くれファンの方です。本当に有難いです。

また…

50代女性
「役者の皆さんが親しみやすい親近感があります。舞台の背景がよかった。戦時中を感じる作品でした。悲しみと笑いが交錯し、その時代を生き抜くことの力強さを感じた。不自由な世の中にも喜びはあるのですね。」

70代男性
「素晴らしい脚本。その素晴らしさが伝わってきました。役者も演出もスタッフもよくやっていますね」

20代女性
「言葉や言い回しが難しくて全部は理解できなかったけど、役者や舞台に対しての思いが強く伝わりました。とても面白かったです。役者は宝石というセリフがとても胸にきました。」

等々、老若男女問わずいろんな感想を頂きました。
皆様からの気持ちを受け、気合いが入るとともに、一同気持ちを新たに今日の公演に向かいます!

本日も昼夜共に100名以上のご予約を頂いております。
現在も、問い合わせや予約のお客様からの電話が続いてかかってきており、昨夜同様満員に近い状態が予想されます。

公演時間の都合上、開演時間は定刻通りとなりますので、早めにご来場くださいますようお願い致します。

また、ブログでお知らせして参りましたが、明日土曜日の14時〜の公演は満席になっており、ご来場頂きましても会場にお入り頂けませんのでご了承下さい。

では、気をつけていらして下さい!
麻布ホールにてお待ちしております。

小林明日香

初日終りました~(*≧∀≦*)♪

2015.10.8

初日!!



東京新聞の記事の効果
もあり、多くのお客様にご来場いただき無事初日を終えました。



東京新聞の記事、こんなに大きな記事にしていただきました。東京新聞記者の杉戸さん、そして音楽担当の上田さん、本当にありがとうございます!!

そして今日は中日です!!
気を抜かずに張り切っていきますよ~ヽ(*´▽)ノ♪
上々、上々~(*≧∀≦*)♪

まな


泣いて笑って、紙屋町ホテル!

10/4

秋晴れの日曜日。
公演前最後の練習です。

お部屋に入ると静かな緊張感の中、14時〜の通しの準備が始まっていました。

準備が終わると歌の練習に入ります。
声を出すという課題の中、何回か繰り返すうにち笑顔とのびのびした歌声が響き、自然と体がゆれて一体感が出てきました。昨日のお稽古の帰りに上田さんに頂いたアドバイスが生きているのではと感じました。

予定通り14時から通しの開始。
昨日のダメ出しと観に来てくれた、今回参加しなかったメンバーのお二人からのアドバイスや応援メッセージにあった場面を意識的に丁寧に丁寧に演じているのが伝わってきました。

なぜかなかなか声がでなかった最年長川村さんの熱演に、舞台裏で号泣している役者の姿が目に入り、私も思わず心を打たれてしまい涙が…

こんな目に見えない小さな小さな歯車がひとつひとつしっかりと重なり回りながら、「土くれ」という温かく力強く楽しいお芝居の時間がググッと回りはじめた手応えを感じました。

5時にはでないと!と急いでいた音響さん照明さんがお帰りになるとき、団員から思わず拍手が出ました。
「あら、拍手もらっちゃったよ!」
と照明さん。

とてもよい舞台になる予感❤️


土曜日の14時は満席ですが、他は当日でもお席あります!

一緒に泣いて笑って、井上作品を創りましょう‼️

お待ちしております。

小林明日香





固まってきました!

シルバーウィークの集中的な練習を終えた土くれメンバーの皆さんと三日ぶりの練習です。

私は仕事で後半2日間の練習に参加できなかったので、ワクワクドキドキで向かいましました。

火曜日は全体のリズムを!という課題が浮き彫りになり、水・木と気持ち的には苦しい部分のあるふんばりどころだったのではないかと思いました。

今日は、レンタル衣装も届き、本番にかなり近い状態での練習です。
心地よい緊張感が部屋中に感じられ、転換要員である私も自然と気が引き締まります。

場面練習を終え17時〜の通しに入りました。

おお〜〜!
火曜日に比べお一人お一人が活き活きと演じていて、自然とお話しに引き込まれていきます。
た、た、楽しい〜!
音楽も素晴らしいです‼︎
全体的に流れにリズムができてきたように感じました。

一人ひとりのキャラクターがはっきりしてくると、セリフが立ってきて、場面場面のテーマがわかりますく浮かび上がってきます。

一人ひとりの役がまるで知人か親戚のように心に入ってきて、何だか愛おしく感じられ、ラストシーンが胸にしみました〜

途中何度か魅入ってしまい、あやうく転換を忘れそうになってしまいました…
あぶないあぶない~_~;


チームワーク抜群の土くれメンバーですから、ここから本番までまだまだ進化進化していくと思います。
観てよかったという舞台になります。

ぜひ観にいらしてください‼︎

小林明日香



固まってきた!

連続稽古3日目

2015.9.22

こんにちは。コヌマです。
連続稽古3日目。

日曜・月曜と2回通しをして、まだまだ詰めが甘い箇所を見直すために、丸一日小返しの稽古の日となりました。
出来ていない部分を重点的にチェック&稽古です。

今回、戦争のお話ということもあり、普段言い慣れない言葉がセリフで出てきます。それが身体に染みつくまでは、なかなか舌が回らず、レロレロに…。(^_^;)
しかも、舌が回らずつっかえるところは、だいたいいつも同じところなんですよね。

なので、お家では、ひたすらその箇所をブツブツとひとりごと。とにかく口に慣れさせないとです。
そしたら、この前、同居人に「出た~!最近よく聞く変なひとりごと!」と言われてしまいました。(*^^*)



コヌマ




セリフに心を

今日は衣装合わせから始まりました。

舞台監督・美術の本川さんも来て、役ごとに衣装を着て確認。
普段のお稽古ではジャージ姿のみなさんが衣装を着ると、役柄がパワーアップし迫力が感じられました。
自然と役者魂がメラメラと燃えてくるのではないでしょうか。

衣装を着たリハが今からとっても楽しみです。

衣装チェックが終わると、石塚さんから少し改まった様子で、これから本番までに大切にしていきたいことについてお話がありました。

「セリフが入ってきた状態で気をつけなくてはいけないのは、ただ言えばよいのではなく、セリフに心を入れること。心の入ったセリフはお客様に必ず届く!」
「その為には、役の気持ちになり稽古を重ねて重ねて重ねて…本番では自由に芝居をし、その心を解き放ってほしい」

と熱く話して下さいました。
また、改めて役柄をひとりひとり丁寧に確認し、皆さんじっと聞いていました。

静けさの中にメンバーのみんなの気持ちが改めてぐっと引き締まるのを感じました。

お話が終わると発声練習。

その後、台本の前半を練習というところで、私は仕事のため早退…T_T

明日の練習を楽しみに仕事をがんばりました‼︎


小林明日香

チームワーク‼︎

アップが大変遅くならすみませんでした。

猛暑が続く木曜日。
この夜は千代田区立スポーツセンターでの練習とのことでテクテク向かいました。

エレベーターを待っていると小沼さんと一緒になりました。
すると「部屋も暑いよ〜」と暑そうに教えてくれました。
覚悟して部屋のドアを開けると…
あれあれ⁇
ヒヤヒヤ〜〜〜〜〜〜〜〜
心も体もホッとしました。
冷やして下さり、ありがとうございました。

すでに歌の練習が繰り返し繰り返し行なわれていました。
部屋は冷えていましたが、皆さん熱いです。

本日は1幕の後半の立ち稽古です。
セリフが入り始め、お一人お一人のキャラクターがたってきました。

プロンプをしながら、それぞれの役の方とセリフのやりとりしていると、自然と場面の空気が出来上がり、無いはずの大道具や小道具、衣装がみえてくることがあります。

例えば、一人の役者に対する石塚さんの演出があったとしても、そのことばに対して
全員が集中しながらよりよくしていこうとしているつながりがはっきりと感じられて、繰り返しているうちにそのシーンの大事な部分が浮き出てくると、ワクワクします。
とても素敵な瞬間です。

今回の紙屋町サクラホテルは、キャスト全員が舞台上にいるという場面がとても多いお芝居ですので、本番までに練習を重ねていくにつれて、土くれさんのチームワークでどんな舞台になるのか…私にはまだまだ想像がつかないくらい未知で、ドキドキします。

とにかく健康第一で、あと2ヶ月がんばりましょう!

小林明日香

| ホーム |


 BLOG TOP