FC2ブログ

プロフィール

演劇集団土くれ

Author:演劇集団土くれ
1967年,国税の職場の文化祭にて、芝居をつくり参加したことをきっかけに結成されました。その後、劇団というかたちで活動し、50年がたちました。

今はいろいろな職場の人たちも加わり、アマチュアながらも年に一回の公演をコンスタンスにこなし、「麻布演劇市」を中心に、職場と地域に根ざした活動を展開しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

土くれブログカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2011.9.4

先日の稽古は…
郷田役の安原さんがお休み
何故なら、職場の定年のお祝いの会だったそうです。

土くれは元は税務署の方の組合活動からできた劇団だそうで、
なので、古株のおじ様達はお役所系のお仕事。
今回で60回公演になるわけですが、
職についてから定年まで
ずっと、お仕事と共に土くれがあったわけで…

先輩の劇団員に以前言われた事があります。

『集団を維持し続けるには、努力が必要なんだよ。
誰かがこぼれない様に、みんなの事を考えてやってきたから、
土くれが長くやってこれたんだよ。』って

長い間それをしてきた土くれの先輩たちには
本当に頭が上がりません。
入りたての頃は、アタシだって劇団員だぞ!と
おじ様達に食ってかかってましたが(笑)
その結びつきとか、信頼が、いかに長い間で培われてきたかを身体で感じてしまうと
ははぁ~とお殿様相手のごとく、ひれ伏してしまう小林です。(お前嘘つくなとおじ様達に言われそうですが…


さて
稽古状況は…と言いますと

音響さんと、音楽の上田先生も来て下さって
去年の芝居で安原さんの息子役を演じた相場さんが、安原さんの代役をやっての通しでした。

実は…
今回お話は病院のお話なのですが、劇団内裏設定で
その病院名が相場病院
そう…相場さんは病院医院長

本番劇中にもチラッと医院長が通りますので是非チェックを!
  


さてさて

役者紹介

今回は 植村啓市

土くれ期待の新人であります!
前回の芝居では、一言二言で最後の美味しい所を全てかっさらうという、役者として憎らしい役でしたが、
今回は最初から出ずっぱりの「進藤正孝」という新人医師の役に!!

以前
植村様が、小林を紹介してくれた時に書いていましたが
私のお兄ちゃんになんか似ています
…そう、その草食な感じがっ…

土くれの数少ない私より年下の劇団員

代役の時に無駄にイキイキしすぎる傾向あり



彼自身は、とても真面目な役者さんです。
真面目にやっているにもかかわらず、どうしようもなく爆笑王
動き一つで、台詞一つで、稽古場での笑いをかっさらいます。

そして
新人にも関わらず、心に我慢がある芝居をする草食系役者

なんてぇヤツだウエムラァ!




朝子










スポンサーサイト



<< ラスト1か月きりました。 | ホーム | 花火鳴る日に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP