fc2ブログ

プロフィール

演劇集団土くれ

Author:演劇集団土くれ
1967年,国税の職場の文化祭にて、芝居をつくり参加したことをきっかけに結成されました。その後、劇団というかたちで活動し、50年がたちました。

今はいろいろな職場の人たちも加わり、アマチュアながらも年に一回の公演をコンスタンスにこなし、「麻布演劇市」を中心に、職場と地域に根ざした活動を展開しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

土くれブログカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

土くれGO☆

こんにちは。

24日日曜日は、久しぶりに全員揃ってのお稽古になりました。

一旦決まった朝川役の方がお仕事の都合で参加できなくなり、改めて声をかけた加藤琢磨さんが初参加。
加藤さんは何と15年前に土くれ公演に参加した方で、部屋に入ってくるなり「変わってないなぁ」「今何やってるの?」などの声がかかりました。
さすが49年目の土くれ!
人情だけでなく、役者の層も厚い。

昨年入団したばかりの私も、「懐かしい空気」に触れ、土くれの歴史を改めて感じました。

加藤さんに今回の作品の全体像を観て頂くために、まだ1~5景までしか演出がついていませんでしたが1景から順に流すことに。

私はダブルキャストですので、1~5景を観ることができました。
昨年の「紙屋町さくらホテル」のお稽古を思い出しながら…

セリフや今までの演出、動きなどを確認しながらみんなで丁寧に進めていきます。
ある程度できている場面、まだ模索している場面、流れてしまう場面等ありますが、くすっと笑える瞬間やぐっとくる瞬間が自然に出ていて、これからのお稽古で大事に膨らませていけたら面白くなるぞ~とワクワクしました。
今がふんばり時‼︎

朝川役の加藤さん、演出石塚さんに自分の場面になったらセリフを出してみてと言われていましたが、出番になるといきなり奥山さんに手をひかれて下手から登場。
台本を持っていましたが、何だかセリフを覚えはじめているようで、体が自然に動いていました。
そんな彼の力がみんなに伝わり、一気にパワーアップ!

なかなか決まらなかった朝川役でしたが、やる気まんまんの加藤さんのお陰で本番までの日々が更に充実しそうです。

若い力、いいですね!

早速、お稽古後にいつものお店で歓迎会⁉︎
思い出話しに華が咲きました。

明日香




スポンサーサイト



<< あと何回? | ホーム | だんだんと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP