fc2ブログ

プロフィール

演劇集団土くれ

Author:演劇集団土くれ
1967年,国税の職場の文化祭にて、芝居をつくり参加したことをきっかけに結成されました。その後、劇団というかたちで活動し、50年がたちました。

今はいろいろな職場の人たちも加わり、アマチュアながらも年に一回の公演をコンスタンスにこなし、「麻布演劇市」を中心に、職場と地域に根ざした活動を展開しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

土くれブログカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

中日←なかびです。

今日は3連休中日、2日目のお稽古です。

音響・照明・音楽担当の皆さんと舞台監督の本川さんが参加し、本番に向けた本格的な打ち合わせが始まりました。

昨日、セットが舞台より大きいとい話が耳に入りひやひやでしたが、本日は原因が分かったとのことでひと安心~

本番当日まで、みんなでひとつひとつ問題を解決していきます。

今日はお風呂の焚き口があった方がいいということで、テーブルのしたに四角いクールバックを貼り付けて蓋を開け閉めすることになりました。
また、予想以上にお盆が必要になると「どこにあったの?」とみんなが不思議がる透明なプレートが登場。(私は片付けるときに冷蔵庫の中の仕切りと気づき笑ってしまいました)
こうしたい、こんなのあったらいいをその場にある物を使ってパッパッと用意してしまうメンバー達!頼もしい‼︎
きっと災害時にも大活躍する皆さんです。

さて、来週平日に行われる装置作りからホールへの建て込み、本番→バラし→打ち上げの予定を確認しお稽古に。

はじめて効果音と音楽が入ります。
一景でお風呂や水道の流れる音が入ると、一瞬にして情景にリアルさが増していきます。
今まではテンポよくテンポよくが頭にありましたが、そんなことはふっと消えてしまいすっとお話に入ってしまうところがありました。
思わずぐっときて涙が出そうに…
そこに上田さんの音楽が入ってくると、土くれらしいあたたかい優しい空気になり、悲しい場面をも包みこんでしまうような安心感を感じしまいます。素晴らしい~♪
昨日音響坂田さんから頂いたカチッカチッという音が大きいライターもご機嫌です。すごいなぁと感嘆しました。

本番で更に照明と装置がセットされる中で、舞台に立たせてもらえることの幸せと責任を改めて感じました。

こうしてひとつひとつ、みんなの技術と気持ちが重なってひとつの舞台が生まれていくんですね。
48年間の先端で突き進む土くれ!
ワクワクします。

何だかひとりで興奮してしまいました。

メインキャストがひとり16時入りということになり、それまで出はけの小道具等の担当を決めました。
どうしても人が足りないところに演出の石塚さんがひとまずはいり、終了。

本日のキャストも揃い通しに入りました。
昨日まで課題だった部分がよくなっているところあり、また新たな課題が生まれてくる場面あり…

そんな中、通し後の場面練習で思わず石塚さんが立ち上がり
「さんぺーいいね~いいね~さんぺー」と絶賛の場面が!
さんぺーさんも思わず照れ気味。
地味な繰り返しから生まれる場面の味は、やはりみんなの流れでできてくるとしみじみ。

あー、書きたいことがまだまだあり困ってしまいます。
とても書ききれないので、本日3日目を迎える練習を伝えてくれるブログ担当の方にバトンタッチ!

小林明日香




スポンサーサイト



<< 何でも作ります | ホーム | 稽古を大事に…。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP