プロフィール

演劇集団土くれ

Author:演劇集団土くれ
1967年,国税の職場の文化祭にて、芝居をつくり参加したことをきっかけに結成されました。その後、劇団というかたちで活動し、50年がたちました。

今はいろいろな職場の人たちも加わり、アマチュアながらも年に一回の公演をコンスタンスにこなし、「麻布演劇市」を中心に、職場と地域に根ざした活動を展開しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

土くれブログカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最後の悪あがき&新劇団員紹介part1

2018.5.10

こんばんは~!
この前の木曜日に台本の仮決定前の最後の本読みがありました。この日はゴールデンウィークを挟んだあとで、このゴールデンウィーク中にそれぞれが最後の悪あがきとして台本を探していました。その結果小林文夫さんが持ってきた台本を読みました。
積極的に探してきてくださった新劇団員のこばやんさん(近日中にこのブログでもご紹介したいです)ありがとうございました。
久々に劇団員の顔を観れたのもすごく嬉しかったです💕

さてさて、今年3人もの新しい劇団員を迎えることになりました!51年目の土くれにもまだまだ新しい風が吹いています!!その中で今回は谷口さんに自己紹介をしていただきました!それでは谷口さんよろしくお願いします😊✨

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

はじめまして。
新劇団員の谷口弘子です。
一応芸名もあるので、この機会に披露させて下さい。
羽田智香子(はねだちかこ)、蒲田に住んでいて羽田に近いので娘が考えてくれました。
画数も芸事で大成する良い名前だそうで
結構気にいっております。

一昨年、土くれさんの「太陽のあたる場所」を拝見した時、どんどん惹き込まれていき客席と舞台が一体化しているような感動を覚えました。
すっかりファンになって港区勤務という特典もあったので、何度も観てしまいました。
昨年の「フツ−の生活 長崎編」を拝見し、是非入団させていただきたいと強く願っていたところ
以前、同じ劇団だった小林一雄さんが入団されたと聞いて紹介していただきました。
皆さんが作っていらした歴史ある劇団ですし、シニアはあまり歓迎されないのでは・・・と不安でしたが、初日から快く迎えて下さった懐の深さに感謝感激でした。

総会の時には美味しいご馳走とお酒を飲みながら、皆さんが芝居について熱く語っていらっしゃいました。
これからは新劇団員として勉強させていただき乍ら、一緒に人生賛歌と言えるような良い作品を作っていきたいと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

谷口さん(羽田さんって呼んだ方がいいのかな…今度どちらでお呼びしたらいいか教えてくださいね笑)ありがとうございました!
初めていらして本読みをご一緒した時になんて包容力のあるお芝居をされるのだろう。と思いました!!これからご一緒するのがとっても楽しみです😊
今年はまだお客様の前でキャストとして出るかは分かりませんが(これはどの役者もです笑)、是非みなさん楽しみにしていてください!とっても素敵な女優さんです❤️

近々新劇団員の小林さん達にも自己紹介してもらいたいと思っています!ご期待ください~。

村田佳代
スポンサーサイト

<< 絞りました! | ホーム | 涙そうそう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP